FC2ブログ
 
月10万円稼ぐ主婦おすすめのブログアフィリエイト | 副業術講座

■副業で月10万円稼ぐ主婦

■3人の子どもを抱えたシングルマザーが月10万円をブログアフィリエイトで稼ぐ副業術を公開します。コツコツとがんばりましょう!

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必見!これを読めば解決!ブログのタイトル付けに悩む人へ送る★黄金のルール★

2017年11月26日(日)

タイトルというのは、いわばブログ記事における顔となります。

たかがタイトル、されどタイトルで
クリックしてもらえるか、読み進める気になるかの大きな分かれ目になる、
一番最初に判断される入り口なので、とっても大切なんです。


◆タイトルの決定方法
ブログライディングメソッド03 
原則として32文字で設定してください。

厳密にいうと、28文字から32文字までであれば問題ないですよ。

基本的に、ブックマークされる人気の記事の平均を取ると
32文字ぐらいだといわれていますので、
原則32文字を目安として設定をしてみてください。

◆ディスクリプションとは
これは検索したときのタイトルの下に細かい字で出てくる説明ですね。
ディスクリプションというのは、和訳すると「説明」という意味なんです。

検索のタイトルの下に出てくる細かい文字。
ここにもキーワードが含まれていると、検索結果には優位になります。
ディスクリプションにもキーワードを入れて、100文字程度で設定してみてください。

特に細かい書き方とかないので、ディスクリプションは
あくまでも記事の補足のようなイメージで書いてみてくださいね。

さらに、原則32文字で、前半後半という風に分けて考えていきます。
記事のタイトルづけに、効果的な決まりごとがあります。
どういうものか見ていきましょう。
ブログライディングメソッド03a 

ブログライディングメソッド タイトル01 
◆前半の部分では、感情表現
「!」とか「?」とかを使って、感情を揺さぶるような、
好奇心をくすぐるような表現をしましょう。

◆後半では、ベネフィットを盛り込む
なんかこの記事を読むといいことありますよー、というベネフィット。
具体的に「これこれこういういいことがあるよ」と表現してみましょう。
数字を使って「何パーセントアップする」とかもいいですね。

「何かができるようになる」
「悩みを解決できる」
みたいなニュアンスをにおわせる言葉を、ぜひ後半に使ってください。

続いて、接尾語。
◆接尾語というのは、最後にキメる言葉です。
いわゆる締めの言葉ですね。

「なんとかの方法」
「何とかの手法」
というような、体言止めを用いるとキラッと光りますよ。

前半後半を分けた形で、最後に接尾語を付ける。
こういうイメージで考えてみてください。


1.前半部分における具体的な表現
「知らないと損をする」
「まだ○○しているんですか」

あなた、もしかしてしちゃってる?というふうに思わせて、少し高興味をそそるわけです。
もしかしたら危ないんじゃないかって危機感を持たせたり、
恥ずかしさみたいな感情を煽るわけですね。

「今更聞けない」っていうと、じゃあ知っとかなくちゃとなります。
「ホントは教えたくない」といわれると、人間の心理として
そういう情報こそが知りたくなっちゃうわけです。

これらを感情表現のひとつの例として、参考にしてみてください。


2.後半のベネフィットについて
ブログライディングメソッド タイトル03 
「○○ができるようになる」ってことを、示してあげればいいんです。
例えば「反応率が上がる」こういうのも、いいベネフィットです。

「文章力が格段に上がる なんとかの方法」って感じで、繋げていくわけですけども、
そういうベネフィットをアピールするわけです。

「成約率がぐんとアップする」
「コピーライティングが書けるようになる」などなど

何かが改善される
できるようになる
という要素を盛り込むのがポイントです。

だんだんイメージが出来上がってきたでしょうか。


3.最後は体言止め 名詞を使うとキリッと締まる
ここでも、数字を使うのは有効的です。
ブログライディングメソッド タイトル04 
○○方法
○○のまとめ
○○10選

名詞で締めるとまとまりがよく、
読み手にももっと知りたいなと思ってもらえる作用があります。

以上のような、黄金のルールをふまえて、
読者をグッと惹きつけるタイトルをつけてみましょう!

yjimage03.jpg 


スポンサーサイト

ブログを実際に書く①なんで検索したの❓質問3つ用意しよう‼️

2017年11月18日(土)

ブログライティングメソッド

実際にブログを、どう書いていくかということについて解説して
いきます。

まずは、全体像から見ていきましょう。
詳細な説明は後ほど、ひとつひとつしていきますね。

1.検索意図を定義しましょう

2.読んだ人との間に生まれるコミニケーションを想定しながら書いていきましょう

3.タイトルとディスクリ プションを決定します

4.アウトライン、全体像の目次のようなもの作成をします

5.書き出しについての工夫していき ましょう

6.最後に共起語をチェックします

全体的には、こんな流れになります。
ブログライティングメソッド 


1.検索意図を定義する

検索をする理由、検索している側の意図というものを知るためには
何で検索したのかを考えることから始まります。

検索するには、検索する理由があるわけです。
この疑問を解消したいとか、悩みを解決したい、すっきりしたいっていう、なんらかの理由が裏にはあるのです。

どうして検索したのかを、考えましょう。
何が情報として知りたいのかっていうのを、徹底的に考えていくことが大切です。

本心でユーザーが望んでいる答えというのは、どんな記事なんでしょうか。
そこをしっかり考えます。

考えたうえで、質問というのを3つぐらいピックアップするとよりわかりやすいですね。

要は質問です。
その質問に、記事にこたえてあげればいいのです。

例えば、「ブログ集客って、何から手をつけたらいんですか?」とかですね。

質問を3つほどピックアップするところから、検索意図を定義することを始めてみてください。

もう一度言います。
質問を3つピックアップしていきましょう。

ブログライティングメソッド01 


2.読んだ人の間に生まれるコミュニケーション

記事を公開すると、今であればソーシャルメディアでたくさんシェアされたりだとか、「いいね」されたり、ツイートされたりとかの、反応がありますよね。

そういったことを想定して、ブログ記事を公開していきましょう、メディアとして情報発信していきましょう、ということです。

読んだ人が、目に触れた人が、どういうコミュニケーション、どういう行動を取るかということを、簡単に考えておいてください。

記事がシェアされたら、どんな会話が生まれるでしょうか?
「ねぇねぇ見て」、このブログ記事いいから読んでみてって感じで、Facebookなどでシェアされるんじゃないでしょうか。

こんな風に、先のことを想定するといいんですね。

ターゲットが、記事を読んでどんな行動を起こすか、人に知らせるとか、自分のブックマークフォルダに入れるとか、Twitterでツイートするとかもあるでしょう。あまり難しく考えないで、そういった小さいところでいいんですよ。

ごく簡単なことで、自分の頭に最初に浮かぶことでいいです。
あなたのブログを読んだその先に、その人たちの間に生まれるコミュニケーションというものを想定して、記事がシェアされることを前提で書いてみてください。

ブログライティングメソッド02 



   

これぜったい‼️読まれるブログになる5つのポイント:示そう‼️あなた自身の切り口⭐️

2017年11月17日(金)

その⑤ 自分の意見がある

自分の意見があるということなんですけれども、ブログを読む人ってノウハウとか事実だけを知りたいわけではないんですね。
読者は一般的な情報を求めて、あなたのブログにやってくるわけではないんです。

ある事柄に対してはですよ、一般的な正解の記事がひとつあればいいじゃないですか。正解を知りたいのであれば、それだけで事足りますよね。
その記事だけを読んでおけば、その他に知ることことは別段ないので、答えや事実はひとつあればあれば十分なんですね。

そうなってくると、これから書こうとしているブログの存在価値は危うくなってきますし、ひいては存在価値がなくなってしまうというおそれも出てきます。

ですが、ブログというメディアには幸いなことに「価値観」などを伝えられるという、ものすごく大きな特性があるのです。その特性を活かすには、ブログであなた自身の意見を述べる必要があるわけです。

一般的な情報をただ列記するのではなく、一般的な事実とか事件とか出来事に対して、「自分はこう思う」と独自の意見を言うことが大切です。そうすることで、あなたのファンが増えていくってことになります。

繰り返しますが、読者が知りたいのは、あなたはどう思うか、あなたはどういう切り口でこの出来事を見たのか、そういう情報を知りたいんです。

巷には、こういうノウハウありますよーと、情報が溢れかえっている事実環境があります。
自分だったらこれがおすすめですよという形で、あなた自身の切り口で意見を聞かせてあげることが、ブログを運営していく上ではとても大切です。

ついついノウハウだけを書いてしまいがちなんですけれども、しっかり自分の色を出して、自分の意見というものをメッセージとして発信していくことを心がけてください。

読まれるブログになる08 

古いまんまじゃん‼️読まれるブログになる5つのポイント:記事にピチピチの鮮度を‼️

2017年11月17日(金)

その④ 情報が新しい

情報が新しいっていうのは当然で、古い情報が載っていては信頼性がなくなってしまいます。
なので、常にアップデートは必要になります。

具体的には、ずばり!継続的に新記事を書いていってくださいということです。

情報が古くなってしまうのは、過去に書いた記事ですよね。
多くの人はブログって、書いたら書きっぱなしなんですよ。

そうではないんです。

情報の鮮度を高めていくためには、ブログ全体を継続的に見直していく必要があるんですね。
なので、たとえ過去に書いた記事でも情報が変わったりだとか、方法とかノウハウが変わった場合というのは、アップデートを行う義務があるわけです。

でないと、間違った情報がずっと載っていることになりますね。
そこは最新の注意をはらって、記事のアップデートをしてみてください。

継続的に記事を書いていくことで、鮮度が高い情報が継続的に更新されるということになります。
継続的にブログ記事を書くことを、忘れずにやってみてください。

読まれるブログになる07 

お主できるな‼️読まれるブログになる5つのポイント:専門的かつ網羅的✨

2017年11月17日(金)

その③ 専門的で網羅的

「専門的で網羅的」ということの何が大切かというと、専門的なことが書かれていると質の高いブログ、質の高いコンテンツであると認識してもらえるんです。
だから専門的という要素を高めていきたいわけです。

具体的に言いますと、専門用語を適度にもたせることでそれが実現できます。
専門用語、例えばWebマーケティングとかWeb集客といったところですと、Facebook広告とかコンバージョン率、リターゲティングなどですね。

プロだと当たり前なんですけれども、素人の方からすると少し調べないと分からないような言葉。
そういう専門用語が所々にちりばめられていると、あなたのブログが専門的な内容が書かれているものだなと、認識されやすいのです。

繰り返しますが、専門用語を適度にもたせることで、そのブログコンテンツっていうのは専門的なことが書かれているんだなと認識してもらえます。なので適度に混じらせてみてください。

ただし、混じらせ過ぎは注意が必要ですね。
あまり専門用語を多用すると逆効果になります。
何言ってるかわからないとか、理解し辛いブログだなという印象を与えてしまいかねないので、塩梅に気を付けていきましょう。

そして、情報をまとめてあげる
これは専門的というより網羅的の方がどちらかといえば色が強いです。

網羅的な内容を書くとは、つまり網羅的に情報をまとめてあげるということですね。
当然、少ない情報より情報がまとまっていてくれた方が、読者としてもユーザとしてもありがたいわけです。

網羅的というのは、わかりやすく以下の一言でいいと思います。
「これだけ見ておけばいいよ」です。

これだけ見ておけば、網羅的に情報が全部含まれているから、この記事1個見ておいてくださいね。
これぐらいいえる記事かどうかですね。
網羅的というのは情報をまとめておいてあげることです。

また、判断基準を示してあげましょう
世の中には、これでもかとたくさん情報が溢れていますよね。
そうすると、ユーザーとか読んでいる読者というのは、その情報の中から自分にとって必要なものを選ぶ手間があるわけです。これが意外と、めんどくさい作業なんですね。

取捨選択するのが手間だということで、そこで専門家であるあなたが、「これがいいですよ」「これがお進め」という形で、選ぶための判断基準を示してあげるといいんです。

こういう方にはこれと、例えば「コツコツ集客力を高めていきたいんであればブログですよ」っていう風に、判断基準事を示してあげる。
そうすることで、「自分はこのタイプなんだから、これ選べばばいいんだ」というように情報が選びやすくなるわけです。
判断基準を示すことで、価値の高い、読みやすい、読まれるブログになると思います。

この2つの機能「専門的」と「網羅的」を意識して記事を書いてみてください。
読まれるブログになる06 

カテゴリ

プロフィール

副業で月10万円稼ぐ主婦

Author:副業で月10万円稼ぐ主婦
3人の子どもを抱えたシングルマザーが、月10万円をブログアフィリエイトで稼ぐ副業術を公開します。

最新記事

最新コメント

メルマガ会員募集!


リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。